FC2ブログ

Ref.16760 文字盤夜光修復-02


この夜光がなくなったインデックスを見てて思った。
おそらく塗料を入れる方法だと上手く行かない。

これだけ面積が広くて深いとひけが出ると思う。
塗装をやったことがある人なら分かると思うけど
塗った時は平らなんだけど乾くと中心に向かって
凹んで行くんだよ。

プラモやってる人ならパテ埋めして塗装という手段
を取るんだろうけど、プラモなんかまともに作ったの
中学生の時でガンプラ1/144のジムしかないよ(笑)

あの時はとにかくガンプラが手に入らなくてさ、
確か銀座の松坂屋の寂れたおもちゃ売り場で
たまたまジムが売っててさ。

ガンダムに似てるけど違うヤツじゃん…

ジムかよ… 何でガンダムじゃないんだと自分の
運の悪さを軽く呪ったよ。オレの人生いっつも
そんな感じだよ(笑)

ガンプラはともかく(笑)、別の方法を考えたよ。
作戦はこうだ。インデックスでツライチになる厚みの
紙をドンピシャサイズで作って塗装して設置する。
これなら針も文字盤も外さなくていいし、どこにも
ダメージを与える要素がない。

とりあえず厚みのある紙を使いストックにあるサブの
文字盤でやってみよう。▽のサイズはこんな感じで
角度はこんなもんかなってな具合でカッターで切ってと。

fl-03.jpg

惜しい(笑)

Ref.16760 文字盤夜光修復-01


これも電話だったな。文字盤の夜光を修復して
欲しいとのことだったから当然断ったよ(笑)

文字盤の夜光修復はやって出来ないことは
ないんだけどリスクが高いからやらないよと。

でもよくよく話を聞いてみるとファットレディとの
ことだった。ならやってみてもいいかも。

Ref.16760の夜光は縁ありだ。縁なしの夜光修復
よりは遥かにリスクは低い。12時の夜光がまるっと
なくなってるみたいだからその場で作戦を立てて
見積りを伝えたよ。

作戦はこうだ。文字盤から12時のインデックスを
抜いて単体で作業をしてまた戻す。これなら
はみ出して文字盤を台無しにすることはない。

fl-01.jpg

送られてきた時計の夜光は確かに12時の
インデックスだけまるっとなかった(笑)

fl-02.jpg

なんかウネウネした凹凸があるけど、おそらく
夜光の食いつきを良くするためなんじゃないかな。
でもまるっと取れてるじゃんみたいな(笑)

Ref.1665 機械一式交換-02


浸水系でしかも海水の場合はまずネジが
回らない。心配だったのは文字盤留めネジだ。

ネジは回らなければ壊せばいいんだけど
それも結構大変だよ。

com-03.jpg

回った。

com-04.jpg

こっちも回った。助かったマジで(笑)

新規で入手したcal.1570はデイトディスク受けと
デイトディスクがなかったから元の機械から
摘出してそれを使用する。

com-05.jpg

このネジも回って良かったよ。デイトディスク受けは
錆びているのではなく錆びを含んだ水が流れて
汚れているだけだから綺麗になるよ。

com-06.jpg

それにしてもこのcal.1570は部品欠損を除けば
コンディションは恐ろしくいい。オレがRef.1016を
作った時は部品欠損してるどころか錆びたネジを
抜くのに20000円近くも掛かってさ、エライ目に
遭ったよ。そういう星の元なんだよオレは(笑)

com-07.jpg

これをオーバーホールしてと。

com-08.jpg

した(笑)

com-09.jpg

ケースの錆の汚れも綺麗にしたぞと。

com-10.jpg

ケーシングして歩度調整も終わったよ。

com-11.jpg

裏蓋を閉めてと。刻印はちょっと甘いかな(笑)

com-12.jpg

次の記事もコメックスだったら凄くね?(笑)

Ref.1665 機械一式交換-01


浸水系の時計はたまに入ってくる。通常オーバー
ホールで済むものもあれば部品交換やサビ取りが
必要なものもある。

時計内部に入り込んだ水が真水なら大抵の場合
修理出来るが、これが海水だとアウツっ…!

スチールの部品は全てダメになりネジというネジは
ほとんど回らないから、修理方法としては機械一式
交換となる。その場合はメーカー修理を勧める。

ただメーカーで受け付けてくれないものは一般の
修理業者で直すしかないんだけど割高になる。

特にウチの場合は(笑)

ここ何年かで随分と社外ケースを使ったビンテージ
モデルが出回るようになった。当然メーカーでは
受け付けてくれない。

ウチの場合はコピー品の修理はやらない。でも
社外ケースに純正の機械を入れた時計の場合
着手することがほとんど。その辺はどこで線引き
をするのかが難しい。

手巻きデイトナ変造品を組んだりしていたオレが
線引きを語るのもどうかと思うが(笑)

電話の問い合わせだった。海水が入って他の
修理業者に見てもらったところ修理不可とのこと。

裏蓋を開けなくても想像がつく。機械全体が
オレンジ色の憎いヤツ 夕刊フジ状態だろう(笑)

ウチの見積りは機械一式交換とメンテナンスで
25万オーバー。断ってくれても一向に構わない。

文字盤と裏蓋だけでも救いたいとのことで時計が
送られてきた。裏蓋は完全に閉まってなかったな。

com-01.jpg

どこもかしこも動かない上にひげゼンマイも
ぐちゃぐちゃになってたよ。当然リューズも
動かないから機械は巻き芯を切断して抜か
ないとならない。これが結構大変なんだよ。

com-02.jpg

またコメックスだったりして(笑)

Ref.1665 夜光色わせ-06


針を外して夜光色合わせの作業に入る。
ここで軽く問題が発生した。

1665co-24.jpg

時針の夜光が剥がれて取れかけていた。
当然このままでは作業は出来ない。

1665co-25.jpg

微量のエポキシを流し込んで固定する。
余計な手間だよマジで。

1665co-26.jpg

作業終了(笑)

1665co-27.jpg

実は結構時間掛かったよこれ(笑)

続いてルミナスポイントに塗料を流し込む。

1665co-28.jpg

若干黄色寄りなんで塗料を落として入れ直す。

1665co-29.jpg

これでいいだろう。

1665co-30.jpg

取れないようにエポキシで補強する。取れて
紛失でもされたらまた同じことをやらなければ
ならない。それだけはマジで勘弁だよ(笑)

1665co-31.jpg

凄まじくいいんじゃね?

1665co-32.jpg

これ納品した時にお客さん言ってたよ。

今まで文字盤と針とルミナスポイントの
色が合っている時計を探していましたけど、
もうその必要はないですね(笑)


いやいや、これまで通り合ってるの探そうよ(笑)

プロフィール

かずちん

Author:かずちん


yjimage5.jpg

もらい火サブ終わったぞいww

facebook-02.jpg

検索フォーム

アクセスカウンター