FC2ブログ

Ref.1016 文字盤の足-04


ちゃんとケーシング出来たのはいいとしても
ちょっと気になる点があってさ。

mo1016-22.jpg

秒カナ押さえ留めネジの頭がちっこいんだよ(笑)

この機械は何回かやってるのに何でこのままに
しといたんだろ。ストックの正しいネジに交換しよう。

mo1016-23.jpg

ストックといっても浸水系ジャンクをバラしたやつ(笑)

mo1016-24.jpg

あったあった。このネジに差し替えればいいだろう。

mo1016-25.jpg

微妙にサビが浮いてるとこがあるからツトムっちの
真似して磨いてみるとするか(笑)

mo1016-26.jpg

以前にツトムっちに貰ったダイヤモンドペーストの
サンプル2種類。どっちが粗いのかちゃんとLINEで
連絡して聞いたよ(笑)

ネジの頭は亜鉛ブロックで磨いて行くのが正しい
やり方なんだけど、残念ながら亜鉛ブロックがない。

何かで代用出来ないかな。そんなに硬くない金属
なら何でも良さそうなもんだけど。これどうかな。

mo1016-27.jpg

真鍮の角棒。

mo1016-28.jpg

以前に変造金無垢デイトナのインデックスを
紛失させちゃった時があってさ、これから切り
出して作ったことあるんだよ(笑)

mo1016-29.jpg

粗い方のペーストからグリグリと磨いてと。

mo1016-30.jpg

仕上げ用のペーストでさらに磨いてと。

mo1016-31.jpg

ダメだ… むしろ光らなくなった…

同じことを繰り返すも余計に光らなくなった。
これひょっとしてやらなきゃ良かったってやつ?

そもそも真鍮じゃダメだったんだな。これで
ようやく決心がついたよ。

亜鉛ブロック買おうと(笑)

それにしてもこのネジ磨きのくだりは余計だったな。
悪いけど見なかったことにしてくれ(笑)

でもこのままじゃ可哀そうなんで別の方法で磨こう。
四つ割に挟んで高出力のバフで(笑)

mo1016-32.jpg

瞬殺だよ瞬殺(笑)

ただこのやり方と亜鉛ブロックで磨くのとは仕上がり
で大きな違いがあるんだよ。丸くなる。悪い言い方を
すればダレるってやつだな。

でも最近のロレの機械のネジって逆にこんな感じ
なんだよ。何か丸くて優しい感じになってる。

丸くなったネジを60年前の機械に取付けると

mo1016-33.jpg

純正のネジなのに社外ネジに見える(笑)

Ref.1016 文字盤の足-03


時間がなくて後回しにしてたけど来週末に
弟(通称 栗)と合うからそろそろやらないと。

mo1016-13.jpg

このまま針をつけてもいいんだけどちょっと
油を足しといてやろう(笑)

mo1016-14.jpg

使ってないから油は結構残ってたよ。

mo1016-15.jpg

この針、文字盤の夜光と同じだよ。おそらく最終
品番かそれにかなり近い高年式のトリチウム。
程度極上だけどeBayで3万円台だったかな。
たまにこういうのがあるからヤメられんよな。

オレ自身はもうロレはヤメたけど(笑)

ケーシングの際にちょっと問題が出てさ。キドメ
ネジが合わなくてダメなんだよ。

mo1016-16.jpg

ミドルケースのリセスに入る部分が厚い。

mo1016-17.jpg

チューブの辺りで逃がさなくてもスポッと
機械を入れてクルッとネジを緩めて固定
するタイプなんだけど当たって回せない。

別にキドメ板とネジを用意しても板の加工が
必要な感じだ。じゃあこのネジを加工しよう。

fire-21.jpg

またしても砥石で(笑)

ネジをリューターにセットして

mo1016-18.jpg

ビンビン回して上手いこと削って整形して行く。
仕上げに白い方の砥石も使ったよと。

mo1016-19.jpg

いいんじゃね?(笑)

mo1016-20.jpg

固定!

mo1016-21.jpg

固定!

いっつも思うんだけど、オレくらいリューターを
有効活用してる時計師いないよな(笑)

Ref.5513


珍しくリアルタイムな感じの更新なんだけど。
昨日公式Facebookページ(笑)に投稿した
Ref.5513には続きがあってさ。

Ref.5513終わってRef.16570やってる時のこと。
ワインダー見たら2時間前に最終テストに入った
Ref.5513が止まってるのよ。

これ結構納期過ぎちゃってるからヤバいんだよ。
サクサク直してまたテストに入らないと。

Ref.16570の作業を一時中断。Ref.5513の裏蓋を
開けて見てみるとテンプに動力が伝わってない。

ゼンマイを解いてテンプを外してアンクルを外して。
ザラ止まりだってことは明らかなんだけど、どこが
ダメなんだろう。一番受けを外して香箱を取り出す。

5513k-01.jpg

二番受けの輪列は問題ない。ということは…

5513k-02.jpg

マズい… 非常にマズい…

香箱の歯がエラいことになってる…

しかも複数ヵ所…

今から事情を説明して交換するというのが
一番いいんだけど、納期過ぎてるのにさらに
部品の取寄せに時間が掛かる。しかも余計に
金が掛かるということで非常にバツが悪い。

何とか直せないだろうかこれ。でも今やってる
Ref.16570も今日中にやらないとならない。

この部分の修復にかけられる時間は組んで
時計にする時間を考えて5分か10分か。

出来る訳がない。1ヵ所だけならまだしも
複数ヵ所だよ。しかもちょっと変形してるという
レベルを超えてるよ。こんなの神の手とかを
持ってる人でも5分や10分なんかじゃ無理だよ。

でもとりあえずやるしかない。ピンセットで
ちょっとやってみたけどまるでダメ。なんか
いい工具ないかな… これなんかどうだろうか。

5513k-03.jpg

モグリの前の素人時代にマイクロステラを調整
する工具におまけでついてきたやつ。

5513k-04.jpg

テコの原理を利用して部品を抜く工具だ。
歯は削ることも考えたけど強度が落ちるし
時間も掛かる。与えられた時間はもうない。
こいつを使って曲がった歯を戻して行く。

5513k-05.jpg

5分で出来たよ。神じゃね?(笑)

画像撮る時に修正したのどこだっけみたいな
感じになってたからおそらく大丈夫だと思う(笑)

再び最終テストに入る。

5513k-06.jpg

20時間経過。

5513k-07.jpg

問題ない。今回も何とか切り抜けたぞ(笑)

Ref.16014/1016-03


不具合の原因はゼンマイ切れ。

16016-07.jpg

ロレは強いゼンマイが入っているから油が
切れても動き続ける場合が多い。だから
ゼンマイが切れて止まりにならないとメンテ
ナンスに出さない人が多いんだよと(笑)

16016-08.jpg

プラ風防の時計はベゼルとミドルケースの間が
こんな感じで汚れが溜まってる場合がほとんど。
風防に汚れが映り込んでいなくてもここの
クリーニングはお勧めしてます。有料だよと(笑)

16016-09.jpg

キズ取り研磨は無料だけどね(笑)

16016-10.jpg

出来た。やっぱりこの手の時計のキモは文字盤
と針だよね。オリジナルが鉄則だよ。

でもこの時計は秒針だけ社外。オリジナルの秒針
はノンデイト用だからデイトディスク受けがある
せいでハカマの長さが足らないんだよ。

今後オリジナルの秒針を入手してハカマを入れ
直して表に見えてるハカマの部分をめっきして
差し替えればさらに良くなるんじゃないかな。

と変造ロレコンシェルジュが申しております(爆)

Ref.16014/1016-02


機械がcal.1570ということは文字盤の足はその
ままだろうけど、Ref.16014のケースに適合する
とは驚きだ。初めて知ったよ。

通常の変造(笑)は社外ケースにノンデイト用の
cal.1570を入れる。それ用に作ったものだから
当然巻き芯の入る位置は合う。

これも合ってるんだけどカレンダー関係の部品
がないと巻き芯の位置が合わないと思うんだが。

文字盤留めネジを緩めている時に気付いたよ。
これデイトディスク受けついたままだ。

文字盤を外す。

いや外れない(笑)

文字盤留めネジを緩めても外れない。関係ない
部分も浮いて来ない。なるほど。

文字盤を外す。

いや剥がす(笑)

16016-04.jpg

文字盤の足があって文字盤留めネジもあるのに
接着剤が使われていた。ノンデイト用の文字盤の
足はデイトジャストの足よりも短いんだな。だから
足は単なるガイドで固定は接着ということか。

最初に思った通りノンデイト用の機械だと巻き芯
の入る位置が合わないんだ。

でもオリジナルのロレのケースを使ってRef.1016
を作るのであればこの組み合わせが知ってる
限りこれが一番いいのかも知れないね。

偉そうに知ってる限りとか言って今さっき知った
ばかりだけど(笑)

Ref.1016を作るにはRef.1018の文字盤・針を変える
のが一番手っ取り早いんだけど、いかんせん
ケースが薄いんだよね(笑)

Ref.16014の方がそれっぽいけどスムーズベゼルが
必要で風防も別作しないとならない。スムーズベゼル
のRef.16000だとベゼルの外径が若干小さいかな。

16016-05.jpg

日送り車が入るポストはそのままだ。ノンデイトの
場合はポストが圧入されてないから穴が開いてる。

16016-06.jpg

薬品で接着剤を綺麗に除去。それにしても皆さん
色々と苦労して改造してるんだね(笑)

プロフィール

かずちん

Author:かずちん


yjimage5.jpg

ブログは仕事に差し支えるな。
おかげで終わらないよww

facebook-02.jpg

検索フォーム

アクセスカウンター